窪んだ道路(LEDの影響)

居住している地域の道が窪みだらけです。

1年ほど前に市の防犯灯がLED化されてからの現象です。

雨が降った後は、窪んでいるところに水が溜まっています。

 

雨水が流れ着くところはさらに劣化が進んでいます。

 

 

 

写真ではわかりづらいですが、雨水が溜まっている箇所を踏んでみると、ふにゃっとしてぬかるんでいます。

 

 

 

マンホールの辺りが窪んでいます。

 

窪みと長い亀裂。

 

 

雨水が流れ込むところも破損が激しいです。

 

 

交差点のコンビニ前の舗装も粉々に砕けています。

粉々に砕けているだけでなく、くぼんだ所に雨水が溜まっています。

車や自転車、防犯灯などがLED化し、道路は日夜それらに照らされています。

さらにLEDに照らされ異質化した雨水が地下水となり、土の中に異変が起きています。

土の中の異常が進行し表面を覆っている舗装に亀裂を生じさせています。

陥没になれば大変な事故につながります。

LED照明を外し、LEDのない安全な道を創っていく必要を感じます。

2017/6/30

リンク

ゼロ感性